Home / 3:文具・中学受験関連グッズ / 中学受験関連グッズ / 中学受験対策に便利なB4・A3が印刷できるおすすめコピー機(プリンター)

中学受験対策に便利なB4・A3が印刷できるおすすめコピー機(プリンター)

(2016/3 掲載 2019/8 更新)

中学受験対策の一環として、プリンター(コピー機)を購入されるご家庭も多いですよね。
我が家は長男がサピックスに通っていたのですが、ノートではなく直接テキストに書き込むほうが楽だったため、宿題などもテキストに書き込むことが多く、復習が必要な単元などは必要に応じてテキストをコピーして使用していました。

そのため、入塾当初からB4プリンターが大活躍していましたが、途中で壊れたため、2回同じコピー機を購入しています。以下は買い替えた際に書いた記事になります。

B4コピー機は受験終了まで大変便利に活用できました。
(2019/8現在も大活躍しています)

先日、我が家の複合プリンターが壊れました(|||_|||)。

IMG_5116IMG_5115

愛用していたのはサピックス生に一番人気(!?)のブラザーの複合プリンター(コピー機)です。

※2019/2 我が家のタイプは旧タイプで販売終了になりました。
最新のものはこちらです。

我が家での購入の際のポイントは以下の3点でした。

  • ①サピックスのテキストサイズB4、そしてB5のトレイを入れっぱなしで印刷できること。
  • ②カラープリントができること
  • ③自動送りができること

その条件の中で最もリーズナブルだったのがこちらの商品だったのですが、こちらの商品はこれに加え、

  • ④A3に対応している
  • ⑤両面印刷ができる
  • ⑥ランニングコストが比較的安い

点もよかったです。

実際に使用してみると、両面印刷などの場合に頻繁に紙詰まりしてしまったり、二枚同時に紙送りしてしまうなどの問題もありましたが、主にテキストのコピーのための使用なので、それほどストレスなく便利に使えていました。

純正インクがキヤノン等に比較すると安価なのも助かっていました。
我が家は以前純正でないインクを使用してプリンターを壊した経験があり、純正インク以外を使う勇気がないので、比較的リーズナブルなことはプラスポイントでした。

今回、学校の係の仕事のために大量にコピーしていた際に、紙詰まりの間隔がだんだんと狭くなってきて、ついには2枚に1枚は詰まるようになり、何度も無理に紙を引き出す過程で、紙詰まりサインが消えなくなりました。リセットしてもダメ・・・。サポートセンターに聞いてみたところ、保証期間を過ぎているので、引き取り修理の場合、診断料・送料含めて2万円程度かかるとのこと。

他にA4プリンターもあるのですが、B4プリンターは我が家の場合は絶対必要です。
サピックス生であっても、ノートをうまく利用できるお子さんには通常は必要ないのかと思いますが、過去問演習などの際にもあると便利ですよね。

悩み抜いた結果、我が家ではないと困るので、修理したと思って、同じものを購入してしまいました・・・。

昨年夏、息子のサピ友達2人と夏休みに日替わりで子供達を預け合ったことがあるのですが、3家庭とも同じプリンターだったのが面白かったです。選択の余地があまりないんですよね。
他のプリンターはキヤノンでも学習用にはなぜか皆さんこちらです。
今後はもっと丁寧に扱おうと思います。

(2017/3追記)
6年後半の過去問対策にはこちらのプリンター、なくてはならないものになりました。我が家はB4、A3プリントをカセット2段にそれぞれセット。毎日稼働していました。通常最も使う頻度の高いA4サイズは別のプリンターにセットしていたので、こちらはまさに受験対策専用プリンターになっていました。

・冊子型の過去問集の解答用紙は、実際の解答用紙サイズに合わせて拡大倍率が記載されているのですが、B4で十分かと思いきや、A3サイズも意外と使いました。

・また、スキャン機能もあるので一気にスキャンしてPC上で学校別に管理し、必要な年の分だけコピーすることができたのもとても便利でした!。

2019年現在のフラッグシップモデルはこちらです。

我が家のモデルよりランニングコストが低くスピードが速いのもいいですね。

過去問は裁断して使用したのですが、キンコーズにお願いした分もありますが、自宅にも裁断機(ペーパーカッター)を購入し、適当に割いた冊子の端を揃えてブラザーのプリンターで一気にスキャニングし、pdf化して印刷できるようにしていました。
こちらも便利でした。

created by Rinker
カール事務器
¥2,002 (2019/10/22 15:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!