Home / 1.楽しみながら力がつく遊び・学び / 1-8:家族で楽しめるボードゲーム・カードゲーム / イタリアのゲームの巨匠の幻の名作数字当て推理ゲーム ドメモ

イタリアのゲームの巨匠の幻の名作数字当て推理ゲーム ドメモ

こちらのゲームが「イタリアのゲームの巨匠Alex Randolphの幻の名作」というのを今さっき、AMAZONの説明を見て知りました・・・。
面白いゲームを考えることってそれこそがすごく楽しいゲームなのかもしれませんね。

こちらは、相手の手札と場にある「見えている数字」から自分の手札の数字を当てるゲームです。
「1」が1枚、「2」が2枚、「3」が3枚、「4」が4枚 「5」が5枚、「6」が6枚、「7」が7枚の計28枚のタイルを使います。
手札の数字を場のタイルや対戦者の発言から推理し、先にすべて言い当てた人の勝ちです。

IMG_0802

相手の数字と場にある数字をみながら、自分の手札にある数字を言っていきます。その数字があれば、場に出すことができます。先に全部言い当てた方の勝ちです。この場合、7が多いので、とりあえず「7」と言いそうなのですが、相手も4つ7があり、場にも2つ7があるので、この場合は言わない方がいいですね。

IMG_0803IMG_0805

2人でも出来ますが、4人以上でやるのが楽しいかもしれません。子供でもあっという間にルールを覚えて楽しめるゲームです。

 

error: Content is protected !!