Home / 1.楽しみながら力がつく遊び・学び / 1-8:家族で楽しめるボードゲーム・カードゲーム / 数字、暗記力、戦略に強くなる人気カードゲーム「ハゲタカの餌食」

数字、暗記力、戦略に強くなる人気カードゲーム「ハゲタカの餌食」

息子達は小学校でボードゲームやカードゲームをする機会が多いのですが、1年生から高学年まで人気のカードゲームをご紹介します。

カードゲーム ハゲタカのえじきです。

ドイツの有名な人気カードゲーム「ハゲタカの餌食」
作者はアレックス・ランドルフです。『ガイスター』や『子豚のレース』などのボードゲームでも知られています。

我が家にあるのはラベンスバーガー社販売の2人~5人で遊べる版ですが、日本ではメビウスゲーム社が販売している6人版が人気です。

IMG_5095

★ルール

それぞれのプレイヤーは1~15の数字が書かれた15枚のカードを手札として持ちます。

IMG_5097

それとは別に-5~10の数字が書かれた得点カードがシャッフルされて山札となります。

IMG_5098

山札から得点カードをオープンし、プレイヤーは開かれた得点カードに対して、手札から任意のカードを選択し、同時にオープンします。数字じゃんけんのようなイメージですね。

得点カードがプラスの場合、出した数字が一番大きいプレイヤーがその得点カードを取ることができます。
カードがマイナスのときは、数字が一番小さかったプレイヤーが獲得します。
一番大きい数字、一番小さい数字についてプレイヤー同士が同じ数字だった場合は、その数字は無効とされ、次点のプレイヤーが獲得します。

★面白さ
得点カードの中で一番欲しいのは10点のカード、手札で強いのは15です。
でも、10点カードに15を出すと、誰か他のプレイヤーが15をだしたら無効になります。
その辺の心理戦が楽しいです。

運の要素もありますが、戦略も重要です。慣れてくると他のプレイヤーの出した数字を記憶して、戦略を練るようになります。
15までの数字がわかれば、小さな子でも楽しめますし、短時間で楽しめて盛り上げれます。
家族で楽しめるゲームとしておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!