幼い子どもの五感を研ぎ澄ます:ベビーキューブ

ドイツの木のおもちゃの品質は世界的に定評がありますが、SINA社の製品もよく知られています。
ネフ社よりもリーズナブルな品揃えながら、同じように丁寧に作られています。

今日はこちらのSina/ジーナ社 ベビーキューブをご紹介します。

これは、美智子皇后様が愛子様に贈られたことで有名になった音の成る積み木です。

6色、6音が対になった、4Cm角の積み木です。中に鈴や木片が入っていて、小さな穴から音が聞こえます。積み木は軽く、幼い子どもでも持ちやすく、怪我をする心配もありません。

モンテッソーリの感覚教育で使われる教具の中に、聴覚を養う”雑音筒”というものがあります。
異なった音のなる筒の、音を聞き分けて、同じ音の成る筒をそろえるという作業をする中で、”音の種類の違い”というものを子どもが自然と認識できる教具です。

この積み木は、幼い子の遊びの中でその雑音筒と同じような体験をすることができるのもとてもいいなと感じていました。色あわせ、音あわせを楽しむことができます。美しい色と質の良さで、余計な装飾がないところもいいです。

IMG_0717
IMG_0716

我が家のものは少し使い込まれて、傷もついていますが、子供達が遊ばなくなった今も、母である私の大事な宝物になっています。
長く使え、楽しめる、出産祝いとしても、とてもお勧めできます。

error: Content is protected !!