今すぐできる!おうちで反射神経を養える手作りおもちゃ

まだまだじめじめシーズンが続きますね。
蒸し暑いし、小さなお子さんのパワーは有り余っているし・・・。
季節の変わり目で体調を崩しやすいときでもあって、疲れがたまっている方も多いかもしれません。
そんなときに、簡単に出来て、子どもがとっても楽しめるこんな遊びはいかがでしょうか?
しかも親はそれほど疲れないかも!?

用意するものは空き箱と、新聞紙と輪ゴムだけ。
IMG_3857

適当な長さにつなげた輪ゴムの先を空き箱にセロテープなどでつけます。
IMG_3859
IMG_3858

もう一方の輪ゴムの先を壁や扉などにつけます。
親は箱をひっぱって、ぱっと離し、子供は目の前を通ったときに丸めた新聞紙などで叩くという遊びです。
我が家では「ねずみ退治遊び」と呼んでいました。

すこしスペースのある部屋の壁に輪ゴムを貼り、床にマスキングテープでちょろちょろゾーンを決めます。そこを通過したときにバンっと叩くことができれば、1点などと決めて遊んでいました。

箱をいくつか用意して同時に離したり、ペットボトルや空き缶などでもできます(空き缶はうるさいですが)。

子供も適度に発散できて、とっても楽しめますよ!

error: Content is protected !!