夏休み科学遊び 不思議な混ざらない液体

今日は科学遊びの本を参考に、液体の重さの違いを利用した簡単な科学遊びをしてみました。
本の例では、はちみつと水とサラダ油を使うと書いてありましたが、はちみつがなかったので、砂糖水でやってみることにしました。

カップに砂糖を入れて、水をいれて混ぜます。
IMG_3951IMG_3954IMG_3955

ただの水をいれたカップも用意して、絵の具で色をつけました。
IMG_3956

そして、砂糖水にそそぐと・・・・がーん・・・混ざってしまいます。もっと濃くしたらどうだろうとかなり頑張ってみたのですが、どうしても混ざってしまうんですよね。はちみつレベルまで濃くないと難しいのでしょうか・・・。
IMG_3959

気をとりなおして、今度は油を注ぎます。

IMG_3962

さすがに油はしっかりと分かれました。

IMG_3964

氷を浮かべてみると、油よりも重く、水よりも軽い氷は油と水の間に漂います。

IMG_3969

砂糖水と水との分離に失敗していろいろ試行錯誤したので、時間がかかってしまいましたが、水と油ならすぐに試してみることができます。

ペットボトルに入れて、じっくり観察するのもいいですね!

我が家こちらの本を参考にしました。家庭でできる楽しい科学遊びがいろいろ紹介されています。

error: Content is protected !!