イソジンで手軽に実験

年末年始のお出かけなので、お疲れぎみの方も多いのではないでしょうか。
冬場は風邪やインフルエンザ、最近はノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎も流行っていますよね。
我が家もうがいを心がけるようにしています。
最近は子供向けの使いやすいうがい薬などもありますが、イソジンゴーグルも定番ですよね。

こちらのイソジンゴーグルの有効成分は「ポピドンヨード」でヨードとはヨウ素のことです。こちらを「ヨウ素液」として使い、手軽にヨウ素液の反応を実験を楽しむことができます。

以前我が家で行った実験をご紹介します。

コップの中にイソジンのうがい薬をたらしてヨウ素液を作ります。
IMG_2119

1つのコップには、じゃがいも、もう一つにはミカンをそれぞれすりおろしたり、しぼったりして加えます。
IMG_2121

ヨウ素液の色が変わりました!
IMG_2122

じゃがいもの方はでんぷんがヨウ素液に反応して青紫色に、ミカンの方はビタミンCの働きでヨウ素が還元して色が薄くなりました。

それだけなのですが(笑)、冬場身近にあるもので手軽にできるおすすめの実験です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!